スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ご訪問ありがとうございます♪
ぽちっとよろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

  • 2013.05.05 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

サリーの右目


皆さん、ご心配をおかけしました。
1ヶ月お休みしてしまいましたが、ブログを再開しようと思います。


今日はまず、アメコを愛し、このブログに遊びに来てくれる方々に、参考にしていただければ・・・と思い、サリーとともに乗り越えなければならなかった事態について、お話させていただきます。

少し前からサリーの右目の様子が変かな?でも気のせいかな?という感じがしていましたが、サリーは毎月1〜2回、身体検査を兼ねて病院を受診していたので、何か変なところがあれば先生が気づいているはず・・・何も言われないんだから大丈夫、と思う気持ちもありました。
9月1日、家族に意見を求めたところ、やっぱり変だということになりました。
9月2日、かかりつけの病院を受診。
「先生、右目の色が変な気がするんですけど・・・」
診察を受けるサリーの姿を見守りつつ、見間違いであってほしいと思いながら、診断結果を待ちました。
「若年性白内障ですね。右目は視力が期待できません。」
やっぱり・・・という気持ちと、ウソでしょ・・・という気持ちが同時にこみ上げてきました。
「えっ?今後、右目は見えなくなるんですか?」
「いえ、すでに見えていません。」
あふれてきそうになる涙をおさえ、平常心を保つことで精一杯でした。
「眼科専門医を紹介します。すぐに受診してください。」と言われ、その日のうちに紹介された眼科専門医を受診しました。
そこでの診断はより詳しいもので、アメコの場合、ほとんどが遺伝性による若年性白内障であること、若年性白内障にも段階(初発→未熟→成熟→過熟)があり、サリーは成熟だということがわかりました。
一番早くて9月9日だということで、9月9日に手術をすることになりました。
もちろん段階が進めば進むほど手術は大変になります。
アメコは他犬種に比べて、若年性白内障が特に多いこと、そして進行が早いことを先生から聞かされ、9月9日までサリーの右目が過熟にならないでほしいと願いながら帰宅しました。
帰宅後、涙があふれ、ただただサリーを抱きしめることしかできませんでした。

点眼薬をしながら家で様子をみていましたが、9月7日朝、サリーの右目がほとんど開いていないので、病院に電話したところ、すぐに来るようにと言われ、受診。
過熟になってしまったのです。
過熟になると炎症が強く出て瞳孔が開かず、手術がしにくくなってしまうのです。
サリーは炎症をおさえ瞳孔を開かせるための点滴治療をすることになり、そのまま入院しました。
点滴治療の効果がなく炎症がおさまらず瞳孔が開かなければ、9月9日の手術はできないと言われ、とにかく予定通り手術ができることを願い、9月9日の朝を待ちました。
9月9日の朝、病院に電話。
なんとか手術ができそうだと言うので、手術の時間に病院に行きました。
院長先生にサリーの今の状態や、どんな手術になるのかを説明してもらい、別室で手術が終わるのを待ちました。
ドキドキしながら待っていると、院長先生が「無事終了しましたよ。」と言いながら私の待っていた部屋に入ってきました。
そこで、実際行った手術の内容や今後のことを聞き、麻酔から醒めるサリーを待ちました。
少しすると、助手の方に抱えられたサリーが入ってきました。
サリーは意識は戻っていたものの、まだグッタリしていました。
「頑張ったね。」と声をかけたとたん、サリーが目を大きく見開きました。
小さな体で頑張ったサリー
家以外では涙は見せないと決めていたのに、そんなサリーの姿を見て、涙があふれて止まりませんでした。

白内障の手術での入院は通常2泊ぐらいとのことでしたが、サリーは状態が悪く手術も大変だったため、術後の経過を見ながら退院の日を決めることになりました。
退院まで毎日、面会に行きました。
そして9月12日面会に行ったとき、院長先生から「明日退院できそうですよ。」という言葉をいただき、9月13日サリーを迎えに行きました。
退院のとき、院長先生から家での注意事項、点眼についてなどの説明に加え、若年性白内障になったアメコは、もう一方の目もいずれ白内障になる可能性が高いこと、緑内障と網膜剥離の危険性と隣りあわせであるといことを聞かされ、少しの変化も見逃さないようにすることを肝に銘じました。
でも、右目の若年性白内障の手術は成功したので、とりあえず一安心。
サリーを連れて家に帰りました。

その後、定期的に術後の検診に通っています。
(9月23日の術後検診のときに角膜に傷が見つかり、傷を広げないようにするために目じりを4針縫い直しましたが、その他は順調に回復しています。)
家でのケアは主に点眼です。
振り回して興奮してしまうようなおもちゃや、目をこすりつけてしまう可能性のあるベッドなども片付けました。
サリーにとってはガマンすることがいっぱいです。
点眼は朝、昼、夜、1回15〜20分おきに4種類。さし終わるまでに1時間以上を要します。
サリーの場合、状態が悪いなかでの手術だったので、さらに点眼が多く、夜は4種類終わったら更にその中の1種類を15分おきに2回点眼し、最後に軟膏をつけるんです。なので夜は全て終わるまでに2時間近くかかります。
この点眼はこの先もまだまだ続くようです。
とは言え、サリーは日に日にリズムを取り戻し、エリザベスカラーをつけたまま、お転婆ぶりを発揮しています。
お散歩はしても大丈夫と言われていますが、まだ心配なのでサリーの入院中に購入しておいたカートに乗ってお外の空気を吸いに行っています。



皆さんには本当にご心配をおかけしました。
アメコを愛している皆さんに、サリーと私たち家族のこの経験が少しでもお役に立てればという気持ちで、これからも今後の経過をお伝えしていこうと思っています。

ワンは人間にように言葉を話すことはできない・・・だからこそ飼い主がワンの気持ちになって・・・なんてことは分かっているつもりでした。
でも、今回のことで、ワンは言葉を話せない・・・だから、本当に本当に飼い主の責任は大きくて重いものだと、改めて感じました。


これからワンを飼おうと思っている方・・・
犬種によってかかりやすい病気なども全然ちがいます。それによってかかる費用も全然ちがいます。もちろん性格や体質も・・・
本当に最後まで面倒が見られるのか、きちんと考えてから決断してほしいと思います。


長くなりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
今までと同じペースでのUPはできないかもしれませんが、少しずつUPしますので、これからもヨロシクお願いします!!
皆さんのところにも遊びに行きますね!!  サリーまま











ご訪問ありがとうございます♪
ぽちっとよろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

ご訪問ありがとうございます♪
ぽちっとよろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ アメリカンコッカースパニエルへ
にほんブログ村

  • 2013.05.05 Sunday
  • -
  • 14:50
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
そうだったのですね。
ママさんサリーチャン大変でしたね。
やっぱり遺伝なんですね、アメコゎ結構病気になりやすいみたいだし心配です。
今ゎ元気に走り回っていても
明日ゎわが身と…勉強になりました。
サリーチャン一人で病院よく頑張ったね!
ママさんも辛かったですよね。
大事なお話をありがとうございました。
これからも心配ゎ続くと思いますが
前を向いて一緒に頑張りましょうね!
サリーちゃん、サリーママよく頑張りましたね(:_;)
私もエルを飼うと決めた時からアメコカについて調べた時に目や耳の病気が多いとあったのでエルと遊んでいて目の前のボールがわからなかったりすると不安になったりします。でもどんな状況になろうと サリーママのようにちゃんと対処出来るようにしなきゃと思います。サリーちゃんもママも大変でしょうけど頑張ってくださいね!いつまでも応援してますから(^O^)
  • yumiko
  • 2008/10/01 10:46 PM
サリーちゃんを見られて最高に嬉しいです。
心配で々、でも少しずつご家族の皆様もサリーちゃんの
健気な頑張りに力付けてもらえているようですネ。
何も出来ませんがサリーちゃんとご家族の皆様を応援
し続けますよ。
アメコの為に書いて下さったママさんに感謝!
サリーちゃん、おかえりなさい!!
手術、頑張ったね★
ご家族の皆様も、本当に大変な毎日だったことと思いますが
みんなでサリーちゃんのことを想う気持ちが、きっと
手術の成功につながったんですよね♪

大切な家族の病気、本当に本当に辛いですよね。
私も、去年暮れ、エマが手術をした時には、どれだけ
メソメソしていたことか…。
でも、悲しい気持ちを一番に察知するのは
ワンコなんですよね・・・。
サリーママさんの「家以外では泣かない」というお気持ち、
とっても大切なことなんだけど、やっぱり小さい体で頑張るわが子を見てると、涙は止まりませんよね。

これから、点眼や通院などで、お忙しいことと思いますが
変わらず可愛い可愛いサリーちゃんに会えるの、楽しみにしています!
皆さんと同様、ずっとずっと応援していますよ!!
  • エマルルノアママ
  • 2008/10/02 9:02 PM
頑張ったじゃないですか。
そして頑張ってますね。
サリーちゃんの為ならどんな事でも大丈夫ですよね。
一緒にいられる事の幸せを感じながら乗り越えて下さい。
応援してますよ!
  • はまっち
  • 2008/10/02 9:28 PM
早々にコメント、そして、あたたかい励ましの言葉、本当にありがとうございます!!
アメコは目や皮膚、耳と色々なところが弱い犬種。
飼い主にとってワンが元気でいてくれることが一番うれしいこと。それには、いち早く変化に気づいてあげることが大事ですよね。
今後も経過を報告しながらUPしていくので、また覗きにきてね。

  • ★momotenmamaさんへ
  • 2008/10/02 11:44 PM
コメント、そして、あたたかい励ましの言葉、どうもありがとうございます!!
そう、何かあったとき、泣いてばかりはいられない・・・
大事なわが子を守るため、強くならなくちゃ・・・
でも現実は、泣いてばかりでした。(反省)
サリーが頑張っているのだから、私も頑張りますよ!!
今後も少しずつだけど、経過報告も兼ねてUPしますね。
  • ★yumikoさんへ
  • 2008/10/02 11:53 PM
コメント、そして、あたたかい励ましの言葉、ありがとうございます!!
ご心配をおかけしました。
小さな体で頑張っているサリーの姿に、私たち家族のほうが元気をもらっています。
無理のない程度にUPしていきますので、こらからも宜しくお願いします!!
  • ★kazubaさんへ
  • 2008/10/03 12:12 AM
コメント、そして、あたたかい励ましの言葉、ありがとうございます!!
本当にサリーは頑張ってくれました。
そんな頑張りに負けてはいられないので、もう涙は封印です!!
(実は、家族の中で私が一番メソメソしてたんです。)
きっとエマちゃんもサリーと同じで、飼い主に強くなってもらおうと頑張る姿をみせてくれたのね!!
少しずつになっちゃうと思うけど、ブログUPも頑張りますね!!

  • ★エマルルノアママさんへ
  • 2008/10/03 12:25 AM
コメント、そして、あたたかい励ましの言葉、ありがとうございます!!
ほんと、一緒にいられることが一番嬉しいことだから、そのためなら、どんなことでも頑張れちゃいますよね。
こらからもサリーと一緒に頑張りますよ!!
ブログも少しずつUPしていきます!!
  • ★はまっちさんへ
  • 2008/10/03 12:35 AM
ずっとずっと見たかったサリーちゃんの可愛い顔。
ただただ回復を祈り、遠くから見守ることしかできなくて。。。本当に歯がゆかったです。
ママさんがここに書いて下さった事を肝に銘じて、
私も我が子の少しの変化も見逃さないようにしたいと思います。ありがとうございます。
ずっと応援してるからね、サリーちゃん!!
  • テディ&みなみのママ
  • 2008/10/03 2:46 AM
コメント、そして、あたたかい励ましの言葉、どうもありがとう!!
本当に我が子の変化に気づいてあげられるのは、飼い主の私たち。
全ての病気において早期発見が一番大切なこと。
術後、在宅に切りかえてから出来てしまった角膜の傷も早期発見で大事に至らずにすんだから・・・。
いつまでも元気な我が子と一緒にいられるように、飼い主の私たちが頑張らなくっちゃね!!
  • ★テディ&みなみのママさんへ
  • 2008/10/03 7:28 PM
サリーママさんはじめまして♪
Poppyちゃんのコメントから飛んできてビックリでした!
サリーちゃんもサリーママさんも頑張られたんですね〜!
コッカーには多い病気と分かっていても、いざサリーちゃんが・・・となるととても平常心ではいられなかったと思います。
乗り越えられたサリーちゃんもサリーママさんもすごいと思いますよ☆

私も、きなこが1歳前に若年性白内障と診断されてから手術まで、毎日どんだけって思うくらいメソメソ泣いて過ごしていました(涙)
術後に同じように角膜に傷ができた時も凹みました(泣)
手術をしていただいても緑内障の恐怖はついてまわってますが、だからこそ『【今】を大事に☆』と思って頑張ってます♪
何だか支離滅裂なコメントになってごめんなさいね。
サリーちゃん♪サリーちゃんのママさん♪応援してますよ〜☆

はじめまして!!
コメントありがとうございます。
きなこちゃんも同じ経験をしたのですね。しかも1歳前に・・・辛かったことと思います。
サリーは1歳3ヶ月でした。
お互い、我が子の頑張りに感謝ですね。
診断されたときは本当に毎日涙があふれて・・・
でも、今は「私が強くなって、しっかりしなくちゃ」という気持ちでサリーを支えていきます。
今後、緑内障と網膜剥離、そして左目に細心の注意を払って変化を見逃さないように気をつけながら、きなこママの言う通り、今を大切に過ごしたいと思っています!!

こらからも情報交換させていただきたいのですが、いいですか?
きなこちゃんのブログにも遊びに行きますね!!
これからもヨロシクお願いします!!
  • ★きなこママさんへ
  • 2008/10/03 10:44 PM
初めまして・・・。
我が家にも生後7か月のアメコがおります。
365日カレンダーでサリーちゃに一目惚れして以来、ここを覗くのを日課にし始めた矢先だったので、おあいしたこともないワンちゃんなのに、すごく気になってしまい、何かあったのかと心配しておりました。

ご報告ありがとうございます。
サリーちゃんとサリーママさん、ご家族の皆さん、大変でしたね・・・。
でもまたサリーちゃんのお顔を見ることができてほっとしました。
我が家のワンもつい先日、初めてチェリーアイの症状が出たので、病院に連れていったばかりなので、人事に思えませんでした。
サリーママさんのお言葉を読み、我が家も新米パパと新米ママのもとにやってきてくれたうちのワンのことを本当に大切にしなくては・・・とさらに決意を固めることができました。
初めてのコメントで長々と書いてしまい、大変失礼いたしました。
でも本当に待ち望んでいた再開だったので、初めてながらコメントを書かせていただきました。どうぞお大事になさってください。

これからも遊びにまいりますね。
  • cheko
  • 2008/10/04 8:22 PM
はじめまして。コメントありがとうございます!!
サリーのブログを楽しみにしてくださっているとのこと。
とても嬉しいです!!
7ヶ月のアメコちゃんがいるのですね。
女の子ですか?男の子ですか?
日々の成長が楽しみですね!!

サリーの右目の術後経過は順調で、サリー自身も日に日に元気を取り戻しています。

ブログを始めてから色々な方と知り合うことができ、今回もたくさんの方に励ましていただきました。
chekoさんからのコメントも、本当にありがたい気持ちで読ませていただきました。

お互いアメコを愛するもの同士、こらからも色々な情報交換ができるといいですね!!
また遊びに来てくださいね。そして、気軽にコメント残してくださいね♪♪

  • ★chekoさんへ
  • 2008/10/05 12:07 AM
そうやったんやね。
うん。サリーちゃん、辛かっただろうし良く頑張ったね。
若年性白内障はコッカー飼いならよく聞く病状で
もちろん遺伝性がある為に
ブリーダーや犬を販売しているショップなんかは
店先に並べる前からそのことを分かっているにも拘わらず黙認していると耳にします。
私もコッカーを3匹飼っているオーナーとしてそれは考えさせられるものがあります
もしかしたらシスターズも…いずれ…などと要らぬ心配や想像をしたりしてます。
ですが、サリーちゃんが白内障になってしまった事実はどうにも覆す事が出来ない。
この先もほんま、大変だとお察します。
私がココで出来ることといえばアホやって気持ちを和ます事ぐらいしかできません。
何か、心配事があればいつでも助けてくれる心強い仲間は私の周りに沢山いてます。
ママさん気にせず、いつでも相談して下さいね
なんか、長々と変なコメになっちゃったけど…不器用でごみん。
サリーちゃん、お大事に。。。


お久しぶりです
先日tokobeyさんからサリーちゃんの手術のこと伺いビックリしました
小っちゃい身体で頑張ったんですね、サリーちゃん
ご家族の心労はいかに、と思うと、心が痛みます
緑内障や網膜はく離など、これからも心配はつきないでしょうが
まずは白内障の手術成功おめでとうございます

コッカーちゃんはみんな抱えている不安です
お互い情報交換など助け合って頑張っていきましょう

  • KEN's mummy
  • 2008/10/07 12:48 AM
コメント、そして、あたたかい励ましの言葉、ありがとうございます!!
アメコに若年性白内障が多いことは知っていたのに、わかった時はどうしてサリーが?という思いで、なかなか気持ちの整理がつきませんでした。
でも、サリーの頑張りのおかげで、今後何があってもしっかりと向き合っていこうという気持ちになりました。

何かあったら相談させてもらいますので、そのときはヨロシクお願いしますね!!
  • ★ターさんへ
  • 2008/10/07 8:18 AM
お久しぶりです!!
コメントありがとうございます!!

わかったときは本当になぜ?どうして?という思いと、どうしてもっと早く対応してあげられなかったのか、そればかり考えてしまって・・・
でも、無事に手術を終えて術後経過も順調な今は、とりあえず一安心、ホッとしています。
そして、サリーの頑張りに「ありがとう」の気持ちでいっぱいです。
ワンに何かあったとき、飼い主がしっかりした気持ちでいることが一番大切だと、改めて感じました。

またブログにもお邪魔させていただきますね。
これからもヨロシクお願いします!!


  • ★KEN's mummyさんへ
  • 2008/10/07 8:40 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

シュシュとスヌードのお店 「Sallys」

<シュシュとスヌードのお店Sallys

365カレンダー 2011

東京のお天気

ぽちっとお願いします♡

みんなのわんこ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM